診療案内

痛みへの配慮・虫歯治療

患者さまにリラックスしていただくため、歯を削る際は基本的に麻酔を使用しています。それにより、より望ましい削り方ができるというメリットもあります。恐怖感がとても強い方には気持ちを穏やかにする笑気麻酔を併用することもできますので、遠慮なくお知らせください。

もっと見る

麻酔をおこなう際は、電動麻酔器を使用します。電動ですと、痛みが出にくいように注入圧力をコントロールできることがポイントです。麻酔が効きづらい箇所の場合は、歯の根の近くに注射して痛みを軽減しています。また、当院では麻酔によるショックなど万が一の事態に備え、迅速処置ができるよう講習を受けて環境を整えています。

歯周病治療・予防

歯周病はゆっくり進行するため、受診する機会を逃しがちです。小牧市には節目健診や35歳歯周病健診という施策がありますので、それを期にお口の健康に目を向けてはいかがでしょうか。歯科検診で歯周病など病気が見つかった場合は、日を改めて治療に取りかかりましょう。

もっと見る

当院では、初診時に歯周病の検査を実施します。検査の内容は、レントゲンとお口の中の写真撮影、歯と歯茎の間にできる歯周ポケットの深さのチェックです。治療内容は、歯周ポケットの深さによって異なります。
軽度でしたら機械を使ったお口のクリーニングだけでも改善が見込めます。進行している場合は、手動の歯石取りや外科的な処置と合わせ、ポケットの奥までクリーニングを徹底し症状の改善を促します。

妊婦向け歯科治療

小牧市には、妊娠中の女性が無料で歯科検診を受けられる制度があります。妊娠中はお口のバランスが悪くなりがちですので、ぜひご活用ください。歯科検診には、母子手帳をお持ちいただければと思います。

もっと見る

妊娠初期は胎児への影響を考え、レントゲンや麻酔の使用を避けるようにしています。妊娠5か月からは一般的な治療ができるようになりますが、薬剤は妊娠中でも使用できる成分のものを使用します。そのため、治療を受けるのは安定期がおすすめです。ただ、つわりの時期や産後は歯磨きが十分にできなくなる可能性が高いので、ぜひ定期的に検診・クリーニングにお越しください。
また、妊娠前から親知らずの抜歯を済ませておいたり、お子さまと一緒に通いやすい歯科医院を見つけておくのもおすすめです。当院にはキッズスペースがあり、非常勤の保育士が、お子さまをお預かりすることも可能です。「子どもを預けられなくて治療が受けられない」と感じている親御さまはぜひお越しください。

小児歯科

歯科治療をトラウマにしないため、当院では無理に処置を進めることはありません。治療に慣れていないお子さまの場合は、トレーニングを重ねながら慣れてもらいます。お子さまの「頑張ればできる」という自信をサポートする方針です。

もっと見る

当院では、お子さまが虫歯になるリスクを抑えるため、歯磨きのアドバイスや歯質を強化するフッ素塗布に力を入れています。お子さまが歯科治療に慣れるまで、お連れになる親御さまは大変かと思いますが、当院と力を合わせて頑張っていきましょう。
また、小牧市の施策で、3歳まで3回の歯科検診が受けられます。その後も定期検診を続け、幼いうちからお口の健康作りに取り組んでもらえたらと思います。

ホワイトニング

営業職・接客業などで歯の黄ばみが気になる方や、色の濃い食べ物がお好きで着色が気になる方には、お薬で歯を白くするホワイトニングがおすすめです。結婚式などのイベントを控え、お口元の印象を変えたい方もぜひご検討ください。

もっと見る

ホワイトニングの方法は二つあります。院内で施術するオフィスホワイトニングは、比較的短期間で歯を白くすることができます。一方、ご自宅で取り組むホームホワイトニングという方法もあり、こちらは、じっくり取り組んで白さを長持ちさせたい方におすすめです。
当院では、患者さまのお話を伺い、ライフスタイル・目的に合ったホワイトニング方法をご提案しています。まずはご要望をお聞かせください。

インプラント治療

インプラントとは、歯を失った箇所に人工歯根と人工の歯を入れる治療法です。入れ歯やブリッジと違い、自分の歯を取り戻したようによく噛めるという特徴があります。見た目も天然の歯のように美しくできます。

もっと見る

当院では、1ピースと2ピースの2種類のインプラント体を採用し、特徴を生かして使い分けています。
1ピースのものは骨と結合しやすく、その日のうちに仮歯を付けることができるのが特徴です。前歯など、見えやすい箇所の治療に適しています。2ピースのインプラントは骨に埋め込む手術が2回必要になりますが、骨になじむまで被せ物をつけないため重さによる負担がかからず、長持ちしやすいという利点があります。
ご興味がある方は、まずはご相談ください。

矯正治療

矯正中の見た目が気になり、治療に踏み切れなかった患者さまも少なくないのではないでしょうか。当院は、目立ちにくい矯正治療に力を入れています。治療は日本矯正歯科学会認定の矯正歯科認定医が来院して担当しますので、ご興味のある方はまずはご相談ください。初回のご相談は無料です。

もっと見る

当院が扱っている目立ちにくい矯正方法には、透明なマウスピースを装着する方法と歯の裏側に器具を装着するワイヤー矯正があります。矯正中は虫歯になりやすく注意する必要がありますが、土日も診療し一般的な歯科治療も行っている当院なら、矯正しながら虫歯の治療まで一貫して対応することができます。虫歯を予防するお口のクリーニングも、合わせてご利用ください。

審美治療

審美治療では、セレックを使用します。セレックとは、歯科用のCAD / CAMシステムのことであり、機械で自動的に白いセラミックの被せ物を作ることができます。歯科技工所を介さずに製作するため、比較的短期間でリーズナブルにご提供できる点が魅力です。

もっと見る

セレックを使った治療では、一般的な被せ物作りとは型取りの方法が異なります。虫歯を削る処置の後、お口の中をスキャンすることで型取りが済んでしまうので、型取り材を患部に押しつける作業がありません。その後、スキャンしたデータを元にパソコン上で被せ物を設計してセラミック材料から削り出します。できあがったものを患者さまのお口にセットすれば完成です。
短い時間で、白く自然な被せ物を作ることができますので、ご興味のある方はぜひご相談ください。

睡眠時無呼吸症候群

長期にわたっていびきをかいていたり、睡眠時の無呼吸状態が続くと、高血圧や心臓病、脳梗塞などを誘発したり記憶力の低下を招いたりする恐れがあります。スリープスプリントという歯科医院で作るマウスピースで改善できる可能性がありますので、ご相談ください。

もっと見る

スリープスプリントは寝ている間にお口にはめて使うものです。口に入れるだけのため使い方は簡単ですし、旅行などの持ち運びにも便利です。スリープスプリントにより、下顎の位置を前に出すことで、気道を広げて呼吸をしやすくする作用があります。
また、耳鼻咽喉科からの睡眠時無呼吸過眠症候群という診断書があれば保険適用が可能です。

食いしばり

歯を食いしばることで、歯がすり減ったり折れたりしてしまうことがあります。また、歯を支える歯周組織に負担がかかりすぎることで、外傷性咬合といって慢性的な痛みや抜歯につながることさえあります。スプリントというマウスピースを作製して、歯を余分な力から守りましょう。

もっと見る

食いしばりによる影響はそれだけではありません。顎の関節にも負担がかかり、中の円板がずれてお口の開け閉めがしづらくなったり音が鳴ったりする患者さまもいらっしゃいます。歯の感覚が敏感になり、しみたり食べ物を噛んだときに痛みが出たりするケースもあります。
食いしばりの原因はストレスとされています。無意識に食いしばってしまうものかと思いますが、顎をリラックスさせるよう意識してみてください。

訪問歯科診療

高齢化社会となった今、長い間当院に来てくださっていた患者さまの中にはお年を重ねて来院が難しくなった方もいらっしゃいます。そうした患者さまのため、訪問歯科診療を行っています。訪問可能範囲は、当院から半径16キロです。まずはご連絡ください。

もっと見る

当院にご連絡いただきましたら、ご相談の上で訪問日を決定します。車にポータブルユニットを積んでお伺いしますので、電源や水道などのご準備は必要ありません。入れ歯を調整するほか、お口のクリーニングなども行うことができ、保険が適用になります。ご来院が難しくなっても、健康なお口を維持できるようお手伝いさせていただきます。